【T&Rサポートの法人向けICTサポート サービス事例】

【PC紛失】MDM(モバイルデバイス管理)の提案

背景・きっかけ

お客様が、社用PCを社外で紛失しました。急ぎ、上司に報告し、警察や鉄道会社などに連絡して捜索したところ、終点駅に忘れ物として届けられていたそうです。

大切なデータが入ったパソコンは、パスワードロックがかかっていないまま半日以上手元になく、お客様は大変肝を冷やし、報告を受けた上司も成す術もなく、ただ朗報を待っていた状況でした。

テレワークも増え、今後もこのような例をはじめ、大きなセキュリティ事故につながる危険性を考慮して、対応策を提示して欲しいとご相談をいただきました。

ご提案・作業内容

MDM(モバイルデバイス管理)のご提案と導入支援

このような時にMDMを導入していると、紛失してしまった端末を遠隔操作でロックすることができます
よくあるのが会社用スマートフォンの紛失。財布を無くした時はすぐにキャッシュカードを止めるなどの対処をしますが、スマートフォンを無くした時は見つかるまで何もできません。社用スマートフォンやタブレットには多くの顧客情報が入っていますので、リモートロックやリモートワイプ機能があると安心です。
今回は、営業活動やテレワークなど社外に多くの端末がある際に有効なツールとしてのご紹介がきっかけでしたが、MDMはその他にも管理面で多くの利点があるため、導入をご提案いたしました。

 

<MDMの主な機能>

・デバイスの一元管理(端末のGPS機能、端末の機能制限・アクセス制限、業務ソフトの一括アップデートなど)

・デバイスの遠隔操作(紛失の際のリモートロック機能、データを消去するリモートワイプ機能など)

・デバイスの監視(端末の不正利用の抑制、USBなど記憶媒体の制御、アプリのダウンロード禁止機能など)

 

<ご提案と導入支援>

  1. まずは、クライアント様のご要望や業務形態に合ったMDMツールをピックアップし、ご説明しました。
  2. MDMツールが決まったところで、MDMサーバーを準備し、端末を登録設定しました。
  3. 管理する担当部門へ説明を行い、実際に端末紛失時のリモートロック方法などの指導を行いました。
  4. また、各PCのパスワードロックの徹底についても、社内に向けた具体的な設定方法の周知を、改めてアドバイスさせていただきました。

担当者の一言

起きてからでは取り返しのつかないセキュリティ事故。
置き忘れ、紛失等は、どうしても起きてしまうヒューマンエラーです。
そんな時にすぐに場所を特定でき、また第三者の悪質な利用を防ぐことができる、セキュリティ対策を施しておきましょう。

テレワークが増えると難しくなる管理体制。端末の管理はMDM(モバイルデバイス管理)が有効です。
MDM導入のご相談もお任せください。弊社はマルチベンダーで対応しておりますので、御社のICT環境などに最適なツールをご提案いたします。

わたしたちにお任せください
ICT管理の全てをPCサポートのプロに
アウトソーシングすれば利益を生む業務に集中できます。
パソコンや周辺機器のトラブルが起きても
電話1本するだけです。

T&RサポートはWindows95の時代1996年に設立し、国立法人・大学法人の付属大学・医療機関・出版社など、さまざまな法人のICT環境導入と保守サポートのお手伝いを行ってまいりました。

ICT業務のアウトソーシングはお任せください!
ICT保守サポートに関するご相談はT&Rサポートへ!
*2019年当社調べ実績による
TOPへ戻る

ティーアンドアール・サポートについて

当社は、2003年創業で大学法人様や大学病院様、医療機関様、公益法人様などに、パソコンサポート、LAN構築、ホームページ製作、データベース製作、WEBサイトプロモーションを中心とするICT関連のサービスを行っています。当社では、各分野のスペシャリストをそろえて、お客様の細かいニーズにお応えしてまいりました。また、ICT機器メーカー様のサポート代行もうけたまわっています。

株式会社ティーアンドアール・サポート
東京都練馬区石神井町2-13-13 HARVEST BAHARA 5F
TEL:03-5923-0395

https://www.tandr.co.jp/

パソコンのサポートエリア:1都3県
(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
サポートエリアは拡大中!!