【T&Rサポートの法人向け保守サポート サービス事例】

青いエラー画面(ブルースクリーン・ブルーバック)が表示されてパソコンが起動しない!

お客様の状況

パソコンのモニター画面全体が青くなり、白い英文メッセージが表示されてパソコンが使用できないとの連絡がありました。まずは、電話にて状況やエラーメッセージやなどを確認し、対処のために訪問しました。

予想される主な原因

  • ハードディスクの故障
  • マザーボードや基盤の故障
  • メモリの障害や破損
  • OSやドライバーの不具合
  • ウィルス感染などのWindowsのシステムの障害 など

ご提案・作業内容

  1. エラーコードを確認後、電源を落として外付けのHDDやUSBケーブルなどを全て取り外す。
  2. パソコンを分解し、内部のクリーニング。
  3. メモリやHDDのエラーチェック後、データのバックアップ。
  4. パソコン再組立後、セーフモードでパソコンを再起動。
  5. セキュリティソフトでウィルス感染のチェック
  6. システムを復元し、正常に起動を確認

担当者の一言

弊社はできるかぎりデータを保護、救出することを優先し、作業しています。
今回もまずはデータを無事に保護できたので、あとはいろいろな原因を一つ一つ潰して、対処しました。

ブルースクリーンは作業中に起こることが多く、いきなり鮮やかな青い画面にびっくりしてしまうと思います。
インターネット上には対処の仕方なども掲載しているため、過去にはお客様ご自身でネットの情報通りに作業し、確認不足のまま実行したことにより、データを失ってしまったというお客様もいらっしゃいました。
もし、データを失ってしまったら、復旧のための大きな費用・作業時間・社内外への調整等、大変なコストがかかります。

パソコンや周辺機器でお困りの際には、弊社SEにお電話してください。今回は急ぎご訪問の上、対処させて頂きました。

わたしたちにお任せください
ICT管理の全てをPCサポートのプロに
アウトソーシングすれば利益を生む業務に集中できます。
パソコンや周辺機器のトラブルが起きても
電話1本するだけです。

T&RサポートはWindows95の時代1996年に設立し、国立法人・大学法人の付属大学・医療機関・出版社など、さまざまな法人のICT環境導入と保守サポートのお手伝いを行ってまいりました。

ICT業務のアウトソーシングはお任せください!
ICT保守サポートに関するご相談はT&Rサポートへ!
*2019年当社調べ実績による
TOPへ戻る

ティーアンドアール・サポートについて

当社は、2003年創業で大学法人様や大学病院様、医療機関様、公益法人様などに、パソコンサポート、LAN構築、ホームページ製作、データベース製作、WEBサイトプロモーションを中心とするICT関連のサービスを行っています。当社では、各分野のスペシャリストをそろえて、お客様の細かいニーズにお応えしてまいりました。また、ICT機器メーカー様のサポート代行もうけたまわっています。

株式会社ティーアンドアール・サポート
東京都練馬区石神井町2-13-13 HARVEST BAHARA 5F
TEL:03-5923-0395

https://www.tandr.co.jp/

パソコンのサポートエリア:1都3県
(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
サポートエリアは拡大中!!